トップバードカービングの部屋製作記録スズメフクロウ >13.SBCで試作(試作角削り)


スズメフクロウの製作記録を紹介しています。
道具や材料、詳細な作り方については「バードカービングの作り方」を参照してください。

 製作休止?

 何だか全然進まないスズメフクロウさんです。最近どうも体調を崩し気味でして、強行して削って
 みたら、予想通り失敗しました。調子が良くない時は無理にやるもんではないです。
 
 今月末にデザフェスがあるので、準備のため、スズメフクロウさんの製作は一時休止となりそうです。
 ここまでの作業内容を忘れてしまいそうなので、角削りまでを簡単にまとめました。
 
 図面


 最新版の図面です。前の図面との主な変更点は以下です。
 
 ・尾羽を長くしています。
 ・次列風切羽を長くしています。
 ・翼の角度を変更しています。
 ・胸の羽が翼にかかる所を変更しています。
 ・背面図の歪み補正が間違っていたので修整しています。
 
 角削り1のライン図


 角削り1のライン図です。カットアウトは正面図と側面図から
 の2面カットの前提です。このようにカットすると、背面図の
 分は歪みが出ます。(背面図は結構雑に書いているので、参考
 程度と思ってください)
 
 まずは背面図の輪郭線が欲しいので、歪んで余計な部分を削り
 ます。次に、真上から見た時の、頭の輪郭線を削りだします。
 
 角削り2のライン図


 角削り2のライン図(青色部分)です。翼と胴体を分けて、
 頭の額の引っ込み部分を削って、嘴の周りのヒゲ部分を出し
 ます。ついでに下尾筒の先端を尾羽と分けておきます。
 
 角削り3のライン図


 角削り3のライン図(緑色部分)です。以下を目的としています。
 
 ・目の凹み部分を出す
 ・頬を出す
 ・後頭部の輪郭線を出す
 ・肩羽(背羽)と翼の分ける
 ・初列風切羽と次列風切羽の分ける
 ・下尾筒と胴体の分ける
 ・腹の真ん中の凹みを出す
 ・胸羽と腹羽の分ける
 
 角削り3まで削ったところ

 ひとまず角削り3まで試作してみました。
 
 丸削りまで製作した見本も作ろうと思ったのですが、力尽きました・・・。
 丸めていないので、この角削りが本当に合っているのか怪しいです。
 ただ、角削りの段階の出来が良ければ、丸削りで失敗することはほとんどないです。
 角削りの段階ではカッコイイ感じになったので、多分大丈夫かと・・・。
 この見本とライン図があれば、後からでも大体同じ品質で削ることが可能です。
 

 頭だけ詳細見本

 胴体はそれほど難しくないのですが、頭は何度削っても難しいと言うか、削り方のコツを忘れそう
 だったので、詳細見本を製作しました。カットアウト直後〜丸削りまでの見本です。
 


< 前工程   工程一覧 inserted by FC2 system