トップ研究室&資料室資料室 >原寸大写真図鑑 羽 増補改訂版


 資料紹介

 【基本情報】
  タイトル :原寸大写真図鑑 羽 増補改訂版
  著者   :叶内拓哉、高田 勝
  出版社  :文一総合出版
  定価   :20000円
  仕様   :カラー 368ページ/ 31×23×3 センチ
  ISBN-10  :4829988444
  ISBN-13  :978-4829988442
  出版日  :2018/10/20
  
 【内容・レビュー】
  以前紹介した「原寸大写真図鑑 羽」の増補改訂版です。増補改訂版ですが、写真は全部撮り直しているようで、
  掲載種類も増えています。また、旧版に載っていた鳥でも羽の枚数が増えていたりします。更に、色調の正確性
  もこだわって印刷しているようです。
  
  んで、実際に中身をチェックすると、確かに種類が増えて、羽の枚数も増えていたりします。また、鳥の分類が
  旧版の分類から新版の分類になっています。ハヤブサはタカ目からハヤブサ目になっていました。個人的には旧
  版の図鑑が結構ボロボロになってきたので、値段は高いですが丁度良かったです。
  
  ちなみに、旧版の値段は18000円で、ページ数は300ページくらいだったので、ページあたりの単価を計算すると、
  旧版は60円/ページ、新版は56円/ページとなります。ただ、旧版はポスターが付いていたので、お得感は同じよ
  うな気がします。
  
  色調の正確性にこだわって印刷しているとありますが、こちらに関しては、あくまで個人の感想ですが、良くも
  悪くもなっているような気がします。旧版は何となく粒子が粗く解像度が低いような感じがしたのですが、新版
  は粒子が細かく解像度が上がったような気がします。ただ、その分、ノペっとした感じもします。この辺は好み
  だと思います。
  
  色合いについては、鳥種でバラツキがあるような気がします。例えば、チョウゲンボウなどは明らかに良くなっ
  ているような気がしますが、スズメなんかは悪くなっているよう気がします。下の写真2は、旧版に本物のスズ
  メの羽(右から4番目)を載せて撮った写真です。写真3は同じように、新版に本物のスズメの羽(右から4番
  目)の載せて撮った写真です。本物のスズメの羽が幼鳥の羽だと思うので、一概に比較できないのですが、新版
  は黒の箇所が青みがかって見えるような気がします。(トルーライト下で撮影)
  
  羽の色を正確に印刷するのは、撮影時の照明環境などが左右されるので、個人的には実質不可能だと思うので、
  この手の図鑑では参考程度と思っています。ただ、大きさや形が分かるので、羽を拾った時の種類の同定には大
  変役に立ちます。
  
  この本は新しいので、多分、普通に入手可能です。以下、アマゾンと文一総合出版のリンクです。文一総合出版
  のページでは、少し立ち読みできます。
  
  ・アマゾン
  ・文一総合出版
  
写真1 表紙 写真2 旧版スズメ 写真3 新版スズメ
 スキャナーで実験

  色に関しては、スキャナーでスキャンした方が正確かもしれないと思い、試しに、手持ちの羽を5ミリの方眼紙
  の上に並べてスキャナーでスキャンしてみました。10年以上前の旧型スキャナーで、フリーの画像処理ソフト
  でスキャンした結果が写真4〜6です。
  
  う〜ん。何とも言えない微妙な出来ですね。かなり悪い環境でスキャニングしたので、最新機材を使えば、もっ
  と良くなるような気がしますが、明るすぎて目が痛くなります。また、このスキャナーの癖で、実際の羽より若
  干赤っぽくなっています。この辺は画像処理ソフトで修正可能だと思います。今回は無修正です。
  
  羽は厚みがあるので、厚い箇所はピンボケになっています。スキャン時に羽を押しつぶしてスキャンすれば解消
  するかもしれませんが、正確な大きさにならないですね。スキャナーも写真も一長一短があると言うことでしょ
  うか…。
  
写真4 スズメ 写真5 アフリカワシミミズク 写真6 セーカーハヤブサ
 おまけ

 うちの猛禽ズです。夜間室内でフラッシュを使って撮影しています。基本的に同じ撮影条件なのですが、写真8と
 写真9では微妙に色合いが違います。ホント撮影って難しいですね。更に羽だけに関して注目してみると、羽は透
 けるので、1枚だけで撮った時と、生えている時(重なっている時)に撮ったのでは結構色合いが変わります。
 う〜む、やはり難しい…。
  
 写真7  :アフリカワシミミズクのボウ
 写真8、9:セーカーハヤブサのチハヤ
  
写真7 ボウ 写真8 チハヤ 写真9 チハヤ

  
   inserted by FC2 system